忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この数日、「あっつぅ」とうめきながら寝ブタ祭りしていた夾竹桃です。
「8・6-8・9のお疲れいやしてください」とお気遣いのメールなどいただいちゃったりして、ほんと恐縮です。
実は、本当に疲れたのはこの数ヶ月「8・6終わるまでは」と手抜きに手抜きを重ねていた家事全般が、ちゃっちゃとやらんかい!とばかりに押し寄せ…それとの格闘と、遅々として進まぬ一時保留にしていた野暮用の処理なんですぅ(涙)
やはり何でも解放的にやらんと疲れるんで、寝ブタ祭り挙行しました!(うん?)

さて、さて、今年も8・6に先立ち8月3日から、広島星野文昭さんを救う会主催で、星野文昭獄中絵画展が開催されましたので少しばかりご報告。
昨年は裏方仕事で覗くことが出来ず、今年こそは!と初日と中日にちょこっと激励に行ってきました。
 
20080803hosino_9.jpg

いやぁ~、なかなかの盛況ぶりじゃないですか!
来場者のみなさんが星野さんの優しい絵画を一枚一枚じっくりとご覧になった後、喰い入るように読まれていくのが星野さんの闘いの経緯、71年沖縄奪還闘争をまとめたパネル、星野さんの原点であるヒロシマのパネル、そして現在の沖縄・辺野古のパネルです。
そこには星野さんの闘いを薄めることなく、ゴリッとした内容が記されていました。
救い出される存在などではない、徳島刑務所で非転向で闘い続けている獄中同志の星野さんと団結して、星野さんとともに厚い牢獄の壁をぶち破る!という主催者側のスタンスがあらわれていました。
そして、来場者はその趣旨に共鳴し支持して、どんどん署名、メッセージをされていくのですから!
うーん、広島星野文昭さんを救う会に脱帽。
再審請求棄却に少し凹んだ夾竹桃、ガツン!と喝を入れていただきました。

さらにガツン!な喝は、東京、大阪で開催された革命的共産主義者同盟政治集会への星野文昭さんご本人からのメッセージでした。
獄壁などなんのその!33年間も幽閉されたかわいそうな無実の人などではない(もちろん無実、冤罪ですし、33年間もみせしめに閉じ込めることなどこれ以上許さないが)、現在(いま)と獄外と完全にコミットし闘ってる獄中活動家なのです星野さんは。
ますます怒りを燃やして星野さんを奪還するぞ!
以下は8・3東西革共同政治集会へのメッセージです。

私たちは、60年、70年、一国社会主義によって未来を閉ざすスターリン主義の抑圧、制動をのりこえ、プロレタリア世界革命-人間解放をめざして、青年・学生の根底的・大衆的決起をかちとり、私たちのパトスに満ちた土台を築いた。
70年7・7によって、このプロレタリア世界革命を被抑圧民族プロレタリアート人民の闘いとの結合によって実現する闘いを開始し、それへの類例を見ない反革命=破防法・カクマル・星野無期との死闘に勝利しつつ、動労千葉、三里塚、沖縄などの闘いを推進してきた私たちは今、抑圧・差別からの解放をプロレタリア世界革命の実践から切断する誤りをのりこえ、プロレタリア世界革命によって全人間的な普遍的解放をかちとる闘いに、全存在をかけて着手している。
その力を労働者階級がもち、その闘いを共に闘う全被抑圧人民がもっているという圧倒的な信頼をもって、あらゆる課題をその力を獲得するものとして、職場、地域、街頭で闘う、その闘いを、5・28-29、6・29をはじめ青年・学生を先頭に、根源的力を解き放ち、うなりをあげて開始している。
そこには、カクマルとの死闘をかちぬいて階級闘争を推進するという地平に立ちつつ、今日、帝国主義ブルジョアジーが、労働者人民がどれほど苦しもうと生きていけまいと自己が延命すればいいという末期的危機の中で、労働者と人民にプロレタリア世界革命を呼びかけ、その行動、決起を体制内的制動をうち破って全存在をかけて組織しなければならない時に、長い間なじんだ特殊・制約されたあり方を固定化し、そこに安住し、結局、自らを革命の反対物として腐敗させていくのか、それを自覚的にのりこえ、団結した労働者階級の自己解放・全人民解放の力でプロレタリア世界革命による人間解放をかちとる実践に踏み込み、そこに自らの志、自己解放・人間解放の希求、情熱のすべてを解き放つか、の分岐があるのだ。
前者は止めどない革命の反対物としての腐敗の道だ。
後者にこそ、唯一の未来、希望がある。
すべての階級課題を闘う職場闘争委を闘い、地区党を形成し、ソビエトを形成していく、そこに未来、希望がある。
個々の解放を全体の解放と切断することは、根本に権力・現実への屈服があり、死だ。
個々の解放を全体の解放に求め、すべてを解き放ち実践することに唯一の未来、希望がある。
これらを自覚し闘えば、変革・飛躍することができるし、未来は我々のものだ。
こうした闘いを圧殺するために、無実の者に無期を強いる、再審を棄却する、こんなことがまかり通る余地など1ミリもない。
それを、自らと全労働者人民の闘いの力ではっきりさせ、再審・釈放をかちとろう。
食べさせろ、生きさせろとストライキ、デモ、暴動にたちあがる全世界の労働者、人民と一つに闘おう。



20080803hosino_10.jpg

20080803hosino_6.jpg

20080803hosino_7.jpg

0a5d423b.JPG

20080803hosino_2.jpg

20080803hosino_5.jpg

20080804_2.JPG

20080803hosino_8.jpg



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]