忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国際専門家会議に関する公開質問状

 
この度、貴委員会が9月11−12日に福島県立医科大学で開催される国際専門家会議に対しては、多くの疑問、疑念があります。その疑問は、3月中の段階で福島県住民に対して説明された100mSv以下の被ばくは安全であるとの見解についてであり、また今回の会議の趣旨の一つ「県民健康管理調査」の外部評価についてです。

放射線防護の専門家の役割は放射線被ばくを最小化して健康被害を未然に防ぐことにあると、私たちは考えます。「福島県における県民健康管理調査の取組み」の目的は「原発事故に係る県民の不安の解消、長期にわたる県民の健康管理による安全・安心の確保」とあります。放射線防護の専門家が役割を果たした結果として安全と安心は確保されるものです。100mSv以下の被ばくは安全であるとの説明によって防護に失敗し、その責任が放棄されてしまいました。

また県民健康管理調査次第のなかには、『今回の福島第一原子力発電所事故による健康影響は極めて少ないと考えられる』とあり、結論を現段階であらかじめ断定しているかのような調査を行い、異なる見解を持つ専門家、研究者間の継続的な議論がなされないのは、自らの責任回避を図ろうとしているようにしか見えません。県民、国民、市民の不信と不満は高まっています。原発事故による汚染の結果、現在も各地で様々な形での被ばくが続いています。その責任の多くが日本における放射線防護の専門家とされる貴委員会の委員および国際専門家会議の限定された出席者にあります。当事者が自ら選んだ海外の専門家から、現在の状況を変え、本来の放射線防護に資する見解を引き出せるとは到底考えられませ
ん。このままでは見せかけの外部評価にすぎないと断定せざるを得ず、住民の不安は増大するばかりです。

私たちは、以上に述べる理由から、この度の国際専門家会議が福島第一原発事故に伴う放射線被ばくの健康への影響について科学的な検討を行い、健康リスク問題を正しく評価し、放射線防護を行うには不十分と考えております。

ここに私たちの見解をお伝えするとともに、貴委員会の会議に関して下記の通りお訊ねいたします。誠意あるご回答をいただけますよう、謹んでお願い申し上げます。なおこの質問状は、貴委員会にお送りするとともに一般公開いたします。


本質問状の提出個人・団体(順不同):               

市民放射能測定所

低線量被ばくから子どもの未来を守るプロジェクト                    

高木学校                        

低線量被ばく研究会

反戦被爆者の会

全国被爆者青年同盟


質問

1.開催される会議の出席者のなかに、低線量被ばくの健康への影響は国際放射線防護委員会の評価よりも大きいと報告する研究者たちの参加が見受けられません。国際専門家会議として、放射線被ばくによる健康への影響を検討するならば、異なる見解を持つ専門家、研究者同士が議論してこそ意味があるものです。そうした研究者を排除して行われる理由をお答えください。



2.年間100mSvまで安全であると住民に説明を行ってきた貴委員会委員、山下俊一福島県医科大学副学長と生涯100mSvから悪影響が見られるとする内閣府食品安全委員会の見解には大きな隔たりがあります。これに関する貴委員会の見解をお聞かせください。


3.チェルノブイリ事故の影響によるがん死者数、罹患者数に関して、IAEA/WHOの報告とヤブロコフ・ネステレンコ報告、ECRR、ドイツ放射線防護協会、またその他多くの報告には大きな隔たりがあります。それらをどのように説明されるのか、不安を抱く住民にも納得のいく形で貴委員会の見解をお聞かせください。


4.「チェルノブイリ原発事故で唯一明らかにされたのは、放射性ヨウ素の内部被ばくによる小児の甲状腺がんのみであり、その他の疾病の増加については認められていません。」(健康診査【目的と概要】)という見解とは異なる多くの研究、報告については検討されるのでしょうか。されないならば、その理由をお聞かせください。


5.専門家、研究者間の意見の違いがあるにも関わらず、お互いの意見が議論されないことで、住民の不安は募り、会議の趣旨に反していると思われます。貴委員会の目的と趣旨のご説明とその理由をお聞かせください。


6.8月16日に行われた記者会見で貴委員会は、県民の放射線に対する不安を払拭するための提言、子どもを持つ母親の不安の解消のための提言を取りまとめるとの発表をなされています。不安を払拭するための提言を行うとありますが、放射線防護のための提言ではない理由をご説明ください。


7.市民の不安を取り除くはずの会議が、一般市民を排除して市民の声が届かない形で行われる理由をご説明ください。


以上



PR
経済産業省原子力安全・保安院と原子力安全委員会レベル7に引き上げ発表
(4月12日11時15分)

ついに史上最悪のチェルノブイリに並ぶレベルであると日帝政治委員会が認めた。
しかし、ことここに至っても飛散した放射性物質の量はチェルノブイリに比べ10分の1と矮小化する悪辣さ。!

全ての原発を即時停止する署名大運動に 被爆者・二世・三世は起とう!
히로시마에서 전세계를 향해 외칩니다.
모든 원자력발전의 즉각 정지・폐지를 요구하는 서명



내각총리대신 간 나오토 에게
히로시마・나가사키를 되풀이하지 않기 위해서 이하의 것을 요구합니다.


一. 모든 원자력발전을 즉시 정지, 폐지하라.

一. 정부와 토쿄전력은 후쿠시마 제1원자력발전소 사고로 인한 모든 피해를 보상하라.
一. 정보조작을 그만두고 노동자와 주민의 안전을 최우선하라.

一. 모든 핵병기를 폐기하라.


후쿠시마 원자력발전소 사고는 미증유의 방사능오염, 환경파괴를 불러일으켰습니다.
「원자력발전은 절대 안전」「깨끗하고 안전」이것이 거짓이었다는게 밝혀졌습니다. 많은 노동자들, 주민이 피폭당했고 농업・어업마저 파괴당했습니다.
후쿠시마 원자력발전소에서 작업하던 노동자들을 시작으로 아이들, 주변 주민들의 건강피해, 생명 그 자체가 위협당하고 있습니다.
토지, 공기, 바다의 방사능 오염이 어디까지 확대될지 모르는 상황입니다.
원자로 1기의 운전으로 히로시마형 원자폭탄 1000개 분의「죽음의 재」가 발생하여, 그로 인한 방사능은 모든 생명의 근본을 파괴하고 있습니다.
이 이상의 원자력발전소 사고의 발생, 피폭 확대를 기필코 저지하지 않으면 안됩니다.

모든 원자력발전을 즉각 정지, 폐지하라!
우리들은「히로시마・나가사키를 되풀이하지 말라」고 외치는 피폭자, 그리고 후쿠시마의 이재민과 함께 전세계의 사람들에게 호소합니다.


●요청(2011년 4월 1일 현재)

시모다  레이코 (반전피폭자의 모임)
요시하라  미레코 (피폭자・크리스트교 신자)
이 실근 (히로시마현 조선인피폭자협의회 회장)
키타니시  마코토 (히로시마대학교 명예교수)
나카시마 타케시 (피폭자 2세)
오오에  아츠코 (세이브・더・이라크칠드런 히로시마대표)
스즈키  노리오 (히로시마연대유니온 집행위원장)
오오이시  마타시치 (비키니 섬 피폭자・前 제5 후쿠류우마루 승조원)
스즈키 코우이치로우 (낙농가네트워크「結」・후쿠시마)
이치카와  쥰코 (후쿠시마 합동노동조합 집행위원장)

■서명 모으는 곳

〒730-0016 
히로시마시 나카쿠 노보리쵸우 14-3-303
8・6히로시마대행동실행위원회
 전화&fax/ 082-221-7631
e-mailhiro-100@cronos.ocn.ne.jp
HOMENext ≫
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]