忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去る9日、広島放射線影響研究所に対し抗議と、この対「核テロ」研究の中止を求める第一回の交渉を行いました。
大久保理事長、研究統括責任者をはじめ対応できる責任者が海外出張を理由に出席せず、事務方との交渉。
中島委員長の鋭い食下がりで、事務方も契約時に同席していたことを引き出しました。
その後、放影研は私たちが要請した日時で調整することを確認したにもかかわらず、これまた常務理事の「海外出張」を理由に変更を要請してくるという不誠実きわまりない対応。
これが放影研の真の姿だ!
大久保理事長は事務方や研究職員を盾にして逃げ回わらず、私たち被爆二世の前に出て来い!
091109_1.jpg


抗議文
 
財団法人 放射線影響研究所  大久保利晃理事長 殿
 
反戦被爆者の会
全国被爆者青年同盟
 
 
広島放射線影響研究所が米国アレルギー感染症研究所より総額2億円もの資金援助を受け、被爆者・二世からこれまで採取した標本・データ等々を用い、そして更なる被爆者の生身を用いて「核テロ」対策のための研究が進められようとしていることに、私たち反戦被爆者の会・全国被爆者青年同盟は憤りを抑えることができない。
被爆者・二世をモルモットにする放射線影響研究所と米国アレルギー感染症研究所との「核テロ」対策のための研究計画に断固として抗議する。
ただちに米国アレルギー感染症研究所との受託契約を撤回するよう強く要求する。

1947年以降、ABCCはアメリカの核開発、核攻撃からの防御のために被爆者・二世をモルモットにして調査を行なってきた。
米軍占領下では、私たちの父や母や兄弟・姉妹である被爆者は銃をつきつけられ、ジープに乗せられて拉致同然にABCCに連れて行かれた。
そして施設では多くの研究員の前で裸にされ、あらゆる角度から写真を撮られ、放射線障害で病む身体から標本を採取され、苦悶の果てに死亡した被爆者の死体は切り刻まれた。
ABCCは、広島、長崎への原爆投下・被爆が人間に対してどのような作用を与えるかを、被爆者の尊厳を踏みにじり放射線障害のデータを奪い続けながら核兵器開発・防御方法の研究を行なってきた。
そして、そうした本来の目的は一切秘匿し続けてきたのだ。
私たち被爆者、被爆二世と家族はその屈辱と怒りを今も忘れてはいない。
 
放射線影響研究所が米国アレルギー感染症研究所の助成を受け、ABCCから引継いだ標本やデータ、追跡調査や被爆二世健康調査などで収集した被爆者・二世についてのデータなどをもとに、放射線が免疫機能に与える影響などの研究を始めることは、被爆者を核開発に用するだけではなく、「反テロ戦争」にまで利用するというものである。
そもそも米国アレルギー感染症研究所は、放射性物質、核兵器による攻撃に対して医学的な対抗手段を計画立案している研究機関だ。
米国アレルギー感染症研究所の「対核テロ」研究という「核テロ」とは、水や食料を放射線物質で汚染させる、放射線を出す物質を公共の場に設置する、人口密集地で放射性物質を含んだものを爆発させる(劣化ウラン弾)、原子力発電所や高レベル核廃棄物貯蔵所への攻撃などであり、研究所は核爆弾の爆発=核戦争に「対抗」する研究を目的とする。
このどこに「人類全体の健康と福祉増進(大久保利晃放射線影響研究所理事長)」の「平和的目的」があるというのか!
 
米エネルギー省からの予算削減という財政的問題を抱える放射線影響研究所の存続を、米国アレルギー感染症研究所からの助成金にかけ、「核テロ」対策の研究に協力することがどうして「被爆者の命を守るため」になるというのか!
ABCCが被爆者の生き血を吸い尽くし、愚弄し尽くし、利用し尽くしたやり方とまったく同じではないか!
地元連絡協の委員や長崎、広島の被爆者団体からの反対の意見がありながら、「核テロ」対策の研究を強引に押し進めることは、アメリカ大統領バラク・オバマが「プラハ演説」で宣言した核独占=世界戦争政策への積極的加担である。
 
オバマは「グローバル戦略攻撃軍団」に28年ぶりに手をつけ、核兵器用のICBM「ミニットマン3」発射実験など、アメリカの飛躍的な核武装強化を図り、文字通り「対テロ戦争の主戦場」であるアフガニスタン侵略戦争を、「長引く紛争」(9月23日、国連総会演説)と、ブッシュ以上の兇暴さで「第二のベトナム」化以上になろうとも、その戦争意思を貫くことを宣言した。
同時に、この国連演説で「核開発」でイランと北朝鮮を名指し、軍事攻撃の恫喝をかけた。
対北朝鮮軍事戦略においては、去る8月の米韓合同演習ではこれまでの作戦計画「5027」に替わる北朝鮮への「先制攻撃」戦略の演習を行い、一方で韓国に「核の傘」を約束した。
 
このようなオバマの世界核戦争政策の一環として、米厚生省傘下の27研究機関の予算を大きく引き離す4569百万ドルもの巨額の年間予算(2009年)が投じられる重要な研究機関が、米国アレルギー感染症研究所である。
「対テロ」研究とは、放射性物質、核兵器による攻撃に対する医学的な対抗手段を計画立案している核戦争のための研究機関であり、最大の研究テーマは核爆弾だ。
核爆弾により生体はいかなるダメージを受け、いかなる「防御」が可能かというものであり、核戦争を想定ではなく、まさに実行目的とする研究がおこなわれているのだ。
 
オバマの世界核戦争政策のために、被爆者・二世を繰り返し利用することに放射線影響研究所が踏み込んだことは断じて許せない。
私たち被爆者・二世は、オバマの世界核戦争政策に加担する放射線影響研究所に対し、激しい怒りを込めて弾劾、抗議する。
2009年11月 9日
連絡先 : 広島市西区草津東3-2-5
TEI&FAX (082)271-7895
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]