忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

報告が遅くなりましたが、去る5月23日、広島市西区福島町において、部落解放広島共闘会議の主催の「石川一雄さん不当逮捕46カ年糾弾!狭山第3次再審闘争勝利!集会」の報告をします。

冒頭、46年間国家権力による部落差別攻撃と非妥協・不屈の闘いを続ける石川一雄さんからの「第3次再審闘争と勝ち取るために全力をあげる」とのアピールが読み上げられました。

部落解放同盟全国連合会西郡支部からは「年金の差し押さえと2年間非妥協で闘っている。森本さんへの攻撃は団結破壊のためであったが、闘いで団結が一層強くなった。団結に勝るものはない。応能応益家賃は間違っている。私達は八尾市役所に負けていない。必ず勝つ」と闘いの報告と決意表明。

続いて、八尾北医療センター労働組合からは「本日、会場に到着したら、全国連本部派の腰の入らない「歓迎」を受けた。デマとデッチ上げの全国連本部を打倒し、福島町と団結する。2・26ストを圧倒に勝ち取った。スト権確立は過半数ギリギリだったが、スト当日は賛成投票者より多くの者が決起した。「5・12不当弾圧」は、権力が病院に踏み込むことにより労働現場を闘いの場に変え、新たな団結を敵の側が作り出した」との勝利の報告がされました。

特別報告は全学連から、「全国連本部に対する闘いにおいて、今日ここで集会を開くこと自体が勝利である。法大闘争に対して、権力は暴処法による攻撃をかけてきている。暴処法は戦前から闘う労働者・学生を弾圧するために使われてきた法律である。攻撃を粉砕して6・14~15闘争へ突き進もう」と力強い提起がなされました。

基調報告として「今こそ石川さんととともに権力と徹底非妥協で闘おう。裁判員制度を推進する解同本部派の屈服・転向を弾劾する。権力に屈服した全国連本部の敵対を許さない。西郡のたたかいと団結し、広島に闘う解放共闘の拠点をつくろう」との提起があり、参加者一同拍手で確認。

反戦被爆者の会の大槻泰生さんは「1945年8月6日から闘いつづけています。大恐慌が吹き荒れる中、戦争への動きが強まっています。戦争と核をなくすためこれからも闘いつづけます。共に頑張りましょう」と、続いて被爆者青年同盟の野田次郎は「日本共産党、連合などの体制内の反戦反核運動がオバマを賞賛し、あたかもオバマが核廃絶を約束したと声をそろえている。「ヒロシマ・ナガサキを繰り返すな」と戦後64年間、日本の階級闘争の中心にあった反戦反核闘争を押しつぶそうとしている。今夏8・6の帰趨はこれら体制内派との党派闘争にかかっている」とそれぞれ決意を表明しました。

被爆者の解放、部落民の解放も労働者階級の自己解放と共にあります。血債主義、糾弾主義をのりこえ自ら労働者階級の一員としてプロレタリア世界革命に勝利しよう。

 090523hirosimasayama_02.jpg


事務局長
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]