忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月13日、キャンドルデモ=「違法デモ」を主導したとして指名手配されていた進歩連帯のオ・ジョンリョル共同代表と、チュ・ジェジュン事務処長が不当逮捕された。
イ・ミョンバク政権のこの報復弾圧を絶対許しはしない!

キャンドル集会・デモは、BSE問題での「生存の欲求」という最も根本的な意思と、イ・ミョンバク政権の推し進める「教育自律化措置」という名の競争・分断政策に対する青少年の積もりに積もった怒りが、創意工夫した政権打倒闘争として韓国全土に広がっていった。
そして、この政権打倒闘争は民主労総を先頭とする労働組合と結びつき、職場生産点を武器とする闘いからゼネストへと発展、ついに巨万の韓国労働者、学生、中・高生、市民の決起を生み、イ・ミョンバク政権の根幹を直撃する闘いとなった。

韓国労働者・民衆のこの政権打倒闘争により、イ・ミョンバク政権は、抜き差しならない危機に追い込まれ、民主労総イ・ソッケン委員長をはじめ、進歩連帯、参与連帯への指名手配・逮捕という報復的な弾圧をかけてきた。
しかし、いかに弾圧しようとも、韓国労働者階級全人民のイ・ミョンバク打倒、世界革命へと向かう怒涛の奔流を堰きとめることなどできはしない!

11・9労働者大会にイ・ソッケン委員長のメッセージが届けられたことを報道するMBCニュース 

4・19学生革命、80年光州蜂起、87年抗争と労働者大闘争を解体・圧殺し、第3次「公企業先進化案」大規模民営化・新自由主義へ直走るイ・ミョンバク独裁政権を打倒する闘いに起つ民主労総と、日本労働者階級の司令塔たる動労千葉と、階級的労働運動路線で闘う労働者が11・2東京―11・9ソウルの国際連帯闘争をともにぶち抜いた意義は極めて大きい。
韓・日労働者全人民の団結の力でイ・ミョンバクの報復弾圧を跳ね返そう!
韓・日労働者全人民の団結の力で、新自由主義攻撃を粉砕し世界革命の扉をこじ開けよう!
夾竹桃
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
労働者として権力や資本と徹底してたたかうことは苦しいけど楽しい!韓国労働運動はそれを見せてくれた0(^^)0
団結果物 2008/11/17(Mon)19:47:28 編集
» 苦しいけど、楽しいんだよね!
団結果物さま。
コメントありがとう~☆
韓国労働運動のパトスは、五臓六腑に染み渡る活力を与えてくれますよね。
韓国の労働運動から学ぶべきところは沢山ありますね。
だけど、私たち日本の労働者もそんなにヘナチョコでもないぜい。
ゆうメイトや、森精機関西合同労組育成分会、草津病院労組、三菱資本の懲戒解雇攻撃と闘う青年労働者、そして原則を堅持し闘いぬいている動労千葉・・・いっぱいあるじゃん!
日本中で、資本にとってかわる決意を固め、マルクス主義で完全武装した組合、労働者が次々と決然決起を開始しています。

それはまだまだ端緒で、苦しいことも多いけれど、奴隷根性で敵対していた隣の労働者が、八つ当たりしながらもこちらの話を聞いてくれたり、仲間の頑張りが自身を鼓舞激励してくれたり、何より、自己解放的に闘う時は、ホント楽しい!
苦しさをバネに頑張っていきましょう~☆
夾竹桃 2008/11/20(Thu)11:57:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]