忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闘う教育労働者のK青年から、2・11集会の詳細報告が届きました。

被青同ブログ「火群」は、被爆者解放戦線の領域 だけ にとどまりません(K君曰く、これも革命情勢!)(そうだ!)。
闘うみなさんからの寄稿・投稿大歓迎です。
先日、不起立から始めよう! 青年教育労働者K君のアピール(2・11ヒロシマ集会)  を転載してくださった宮里さんたちのブログは、こちらです⇒ たたかうユニオンへ! 

-----
「団結して不起立しよう! 不起立して団結しよう!」――2・11ヒロシマ集会報告

2月11日、広島の教育労働者が真っ向から3月卒業式での不起立闘争を呼びかける「『日の丸・君が代』強制反対! 不起立のたたかいをひろげよう! 根津さん・河原井さんの不起立解雇を許さない! 2・11ヒロシマ集会」を、広島市中区のアステール・プラザで開催しました。


広島の教育労働者と不起立闘争と連帯して闘う労働者、学生ら120人が参加し、香川からも教育労働者らがかけつけてくださいました(^-^)/このかたたちが、すごい信頼感で団結していて本当に明るい!

広教組の青年労働者の司会で、まず昨年11・3-4の国際連帯集会での日米韓の教育労働者の発言をまとめた15分のビデオが上映された。(このビデオ、教育労働者の国際連帯が実感できます。元気がでます!)

続いて昨年の不起立で処分された広教組の組合員が「不起立をひろげ日教組再生へ。多くの仲間を増やして不起立闘争を闘っていきたい」と開会のあいさつを行いました。

東京の被処分者の根津公子さん、沖縄県高等学校障害児学校教職員組合の松田寛さん、アメリカ(学生、保護者と連帯し募兵官追い出し闘争をしているロスの教育労働者)のアーリーン・イノウエさんからのメッセージが紹介された後、広教組青年部で闘う青年教育労働者と、東京の被処分者の河原井純子さんのアピールへ。
 

広教組青年部員(オレは組合員であるからこそ、組合批判もします。それは、労働者が団結する組合に大きな意味を感じているし、組合を強くしたいからです。だから、誇りをもって広教組組合員青年部と名乗ります)である自分は、「この集会の目的は不起立者の拡大、不起立者同士の団結を強めること。『君が代』不起立の闘いを軸に『職場』に闘う団結をとりもどそう!」と訴えました。

「はじめは一人かもしれないが、全国、全世界になかまがいる。
不起立は不起立で終わらない。不起立で闘う団結をつくる。
職場支配権を教育労働者が握る
。処分になどびびってあげない、処分すればするほど団結しちゃう。
そうして本気で戦争を止める闘いをする、戦争協力を絶対に拒否する、憲法改悪なんか絶対させない、組合を闘う組合に変えていく――そういう闘いなのです。
だから私は不起立から始めようと訴えます」。

さらに教研全体集会を中止し、根津さんを排除して警察権力に売り渡そうとした日教組本部を怒りを込めて弾劾し、「パートナーシップ路線は産業報国会まで行き着いた。
不起立闘争はこの日教組本部のあり方に断固ノーを突きつけ、私たちこそが闘う日教組なのだと宣言する闘い」と述べました。

最後に「労働者は団結の力をとりもどすことで無限の力を発揮する。教育労働者は不起立闘争を基軸に闘う団結をとり戻し、教え子を戦場に送らない本気のたたかいをしよう!組合をたたかう組合に変えよう!」と訴えました。
 

続いて超多ぼうな中、東京からかけつけてくださった河原井純子さんが「広島の青年教育労働者の熱きアピールに共闘の意を表したい」と述べて登壇されました。
「君が代解雇を許したら改憲・戦争の道を開くことである、根津さんの解雇を阻止する、その一念で全国行脚をしてきた」「戦争は教室から始まると言われるが、平和・変革もそうだ」「私は『がんばらない、あきらめない、楽しみたい、つながりたい』とやっている。
闘いは根強く、屈しない、あきらめない。
不屈、屈しないということは変革のエネルギー。
そしてこれをつなげていくということが今大切なこと」「私はどんなに状況が厳しくてもあきらめません。
10・23通達に従うことはできない」と静かな語り口ながらも、どこまでも明るく揺るぎない確信に満ちた訴えに感動が広がりました。
 

「教基法改悪反対!ヒロシマ実行委員会」の栗原君子さん、広大の教職員と学生、自治体、国鉄労働者(この人たちとの連帯があるから、自分もたたかおうと思えます。
デモで「闘う」と言うことばを拒否していた、かつての自分とは大違いです。

他の産別の労働者とも、本気でたたかうことで、共感もってつながれるのです)から連帯のアピールを受けた後、教育労働者が続々と不起立宣言を行いました。
「文書訓告1回、戒告5回受けてきたが、今年は職場にともに闘う仲間をつくってがんばっていきたい」
「迷っていたが、生きた証を残したい。ムリせずやりたいと思います」
「いっしょに座ろうやと呼びかける新たな闘いをやろうと思う」
「なかまと職場の怒りを共有すると、いっしょにやろう、いっしょに不起立やろうというという気持ちになってくる。そういう気もちになるとパワーがみなぎってくる」
「今年こそ不起立宣言をして不起立したい」と明るく解放感に満ちた宣言が続きました。

最後に「団結して不起立を増やしましょう」というまとめと行動方針を提起して終了した。

集会後、広島の青年教育労働者(はじめて、デモ隊の先頭に立ちました。不起立は教育労働者が当事者の戦争協力拒否のたたかいですから)、河原井さんらを先頭に原爆ドーム前まで市内中心部を元気いっぱいにニコニコ笑いながらデモ行進。
教育労働者の「不起立で闘うぞ」の声が響き渡り、沿道からは声援も。
原爆ドーム前では、熱烈に拍手で迎えてくださるかたにも会いました。
2・11集会とデモは、不起立闘争、職場闘争を闘う大きなエネルギーをつくり出しました。

中国新聞、朝日新聞(2月13日朝刊)RCC中国放送(11日夕方放送)のマスコミ労働者の取材もありました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]