忍者ブログ
被爆二世・三世・四世は被爆者青年同盟に結集せよ! 被爆者解放!日帝打倒!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再び核戦争をくり返すな イラクへの派兵阻止せよ

 
 被爆者が自己解放かけ決起

 さし迫る帝国主義世界戦争・核戦争の危機に、被爆者の自己解放をかけた歴史的渾身(こんしん)の決起が開始された。

 7月5日、広島に原水禁、原水協などの既成の運動の枠を越えて、400人もの被爆者が結集し、米帝ブッシュに対し「平和公園の慰霊碑の前で、原爆投下の行為を謝罪し、つぐないとして核兵器を直ちに廃絶することを世界に宣言せよ。ヒバクシャは核廃絶の日まで生きる。核兵器なき世界をこの目で確かめるまで」と歴史的な集会を開催した。
 被爆者は、米帝ブッシュの「衝撃と恐怖作戦―ヒロシマ的心理効果を与える」というイラク侵略戦争に激しい怒りと危機感を抱き、核戦争の危機の切迫に対して、「ヒロシマ・ナガサキをくり返すな!核廃絶!」を叫び、原爆症にむしばまれる病身をおして断固決起した。
この闘いは文字どおり「核廃絶の日まで」、イラク反戦闘争を契機とした革命的大衆行動の一環として大きなうねりとなって世界規模で発展していく。
 
 現実化しつつある第3次世界大戦が、世界を幾度となく焼き尽くすほどの破壊力を持つ核戦争となることは、もはや明らかである。帝国主義により人類は滅亡させられるのか、それとも労働者階級と被抑圧民族人民の国際連帯・国際的内乱による世界革命の勝利をもって、全人類の解放を手に入れるのかという、人類史上画期をなす時代が到来している。
 今こそ、ヒロシマ・ナガサキを原点とする革命的反戦闘争の大爆発をかちとり、戦争と抑圧の元凶・帝国主義を打倒しよう! 

 米帝の世界核戦争計画粉砕

 「戦闘終結宣言」にもかかわらず、米英帝国主義はイラク人民のゲリラ戦により民族解放・革命戦争の泥沼に引きずり込まれている。しかし、米帝ブッシュは、中東の石油資源独占の野望をますます強め、絶望的で凶暴なイラク軍事占領を継続しつつ、イランの核開発を口実に中東侵略戦争をさらに拡大しようと策動している。日帝のイランの油田開発に対して、「核開発」をしているイランとは契約を締結するなと、むき出しの争闘戦に打って出ている。
一方、北朝鮮問題に関しても、KEDOに基づく軽水炉原発建設について、米帝は、自ら北朝鮮への重油の提供を一方的に停止したことにとどまらず、韓国や日本に対して、建設の中止を強要し、北朝鮮スターリン主義政権への戦争重圧を加えるとともに、アジアにおける対日争闘戦へ激しく打って出ている。
 
 圧倒的な核戦力を有する軍事大国としての米帝は、そのスーパーパワーに物言わせ、自らの生き残りをかけて、イラク戦争を出発点に、世界戦争・核戦争計画を次々と発動し始めたのである。
それは、イラクへの小型核爆弾並みの破壊力をもつ新型爆弾の大量投入と劣化ウラン弾の無制限の使用にとどまっていない。
北朝鮮に対し、核先制攻撃を柱とする作戦計画「5027-03」を策定し、地下壕破壊用爆弾-バンカーバスターに小型核を搭載する計画を実行に移そうとしている。
さらに、中国をにらみ、01年のQDRに基づき、今年10月には、巡航ミサイル搭載可能に改良されたトライデント原潜4隻を、中国近海に配備する計画が進められている。
 全中東を、朝鮮・中国・アジア-全世界を核戦争の戦場とする、米帝のこの世界核戦争計画を、いまこそ国際的内乱で粉砕しよう。

 中東石油狙いイラクに出兵

 米帝ブッシュの世界戦争・核戦争計画の発動という事態を前に、アジアにおいて新たな「大東亜共栄圏」ともいうべき「東アジア経済圏」構想を実現する以外に道のない日帝は、日帝自身の北朝鮮(中国)侵略戦争のために、有事立法を強行した。
さらに、中東石油の強奪戦に直接参戦しようと、イラクの戦場に自衛隊を派兵しイラク人民虐殺に手を染めるイラク新法を強行しようとしている。
しかもイラク新法は、当事国の主権は無視して日帝自身の独自判断で出兵を強行するという侵略法そのものである。
このイラク新法と有事立法が結び付けば、イラクの次は北朝鮮(中国)への侵略派兵である。アジア侵略とその必然の帰結としてあったヒロシマ・ナガサキを繰り返させないために、イラク新法を絶対阻止し有事立法攻撃を粉砕しなくてはならない。
 
 さらに、こうした攻撃と軌を一にして強化される日帝の改憲と核武装の策動を絶対粉砕しなくてはならない。
福田の「非核3原則見直し」発言などの小泉政権の閣僚・官僚どもによる核武装の宣伝扇動に続いて、与野党議員103人でつくる「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」が「相手(北朝鮮)基地への攻撃能力の保有」と「集団的自衛権の行使」を公言するにいたり、小泉自身も先日の日米首脳会談において「MD(ミサイル防衛)は日本の防衛の極めて重要な課題」と発言するまでにいたっている。
 有事立法・イラク新法とともに一気に激化する、日帝の核武装・改憲攻撃を粉砕し、イラク派兵、北朝鮮(中国)侵略戦争を絶対阻止しよう。 
 
 有事立法を強行した日帝は、これに追い打ちをかけるイラク新法攻撃をもって、今秋にもイラクへの自衛隊派兵を強行し、自衛隊出兵から北朝鮮侵略戦争・国民総動員・改憲への道を突き進もうとしている。
そのために、「拉致・核武装」キャンペーンによる「北の脅威」をあおる排外主義イデオロギーの大洪水の中で、日帝・小泉は「対話と圧力」の名による戦争政策を万景峰号を始めとする北朝鮮船舶の入港拒否・規制として開始した。

 8・6-8・9へ大結集しよう

 しかし、闘いは、なんら決着がついたわけではない。
階級闘争が敗北しない限り、日帝の戦争攻撃は泥沼的に内乱化する。
すでに、今春闘において72時間ストを闘いぬいた動労千葉は、有事立法強行に対して堂々と「戦争協力拒否宣言」を発し、20労組を中心とする労働者階級の闘いも、6・10日比谷野音集会を出発点に「戦争協力拒否」を呼びかけるものとして開始された。

 排外主義にまみれ祖国擁護運動の最先兵と化している民主党・連合の階級支配を食い破る、革命的祖国敗北主義の実践が端緒的に開始されているのだ。
今こそ、この開始された戦闘的労働運動と、ヒロシマ・ナガサキを原点とする反戦闘争が真に結合すべき時なのだ。
なぜなら、ヒロシマ・ナガサキこそ、帝国主義段階において資本家階級と労働者階級の階級対立の非和解性が、労働者階級の一方的で極限的な犠牲という形で極点に達したことの証明であり、労働者階級がヒロシマ・ナガサキをくり返す帝国主義核戦争に対して闘うことは、自己解放そのものだからである。
 
 被爆者とは被爆した労働者階級である。
被爆者の戦争への怒り・憎しみ・戦争加担への悔恨-これらをとおして貫かれる戦争への非和解性こそ、ヒロシマ・ナガサキの原点の核心として階級的に共有されるべきものである。
 
 そもそも、被爆地広島・長崎は、被爆者の存在とともに帝国主義戦争を非和解的に告発し続ける反戦運動のメッカとして、革命的反戦闘争のイデオロギー的源泉であり、内乱の根拠地である。
帝国主義世界戦争・核戦争の新たな過程が開始された今、排外主義に総屈服し再び国連への平和請願運動をもって闘争を敗北へと導く既成原水禁運動を、圧倒的に凌駕(りょうが)する8・6-8・9闘争の大爆発をかちとろう。
闘う朝鮮・中国・アジア人民、中東人民と連帯し、「侵略を内乱へ」を貫く国際反戦闘争の発展をかちとろう。
 
 わが全国被青同は、親兄弟である被爆者とともに、この闘いの先頭で闘うことをとおして、日帝の被爆者抹殺・英霊化攻撃を粉砕し、不慮の事故により、志半ばにして倒れた友野幽前委員長の遺志を継ぎ、高陽病院建設運動の発展と反戦被爆者の会、全国被青同の組織建設強化をかちとる決意だ。
すべての労働者、学生、市民の皆さん、ともに闘おう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ZenshinSokuhou YouTube

最新CM
[09/27 ムザイ]
[05/21 田中洌]
[04/17 田中洌]
[04/07 田中洌]
[03/20 田中洌]
[03/16 田中洌]
リンク
プロフィール
HN:
全国被爆者青年同盟
自己紹介:
全国被爆者青年同盟

広島市西区草津東3-2-5 小西のぶ子記念館気付

【MAIL】hiseidou☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。

 広島被爆者青年同盟

 長崎被爆者青年同盟

 東京被爆者青年同盟


Copyright © [ 火群 ─ ほむら ─  ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]